ひとけのない別荘に蔓延るネズミとイタチの被害 ひとけのない別荘に蔓延るネズミとイタチの被害

自分で簡単に出来るイタチ駆除やネズミ駆除の手引

自分で追い出す方法~効果が弱いと被害が広がります~

ネズミかイタチか分からないならむやみに行えません

ネズミ駆除はあまり問題になりませんが、鳥獣保護法の対象とされているイタチの場合、安易に駆除できません。知らないうちに法律違反をしないためにも、ネズミかイタチかはっきり分からない場合には、業者に依頼してください。

別荘から追い出す方法

忌避剤を使う
ネズミやイタチが嫌がる臭いや成分が入った薬品を使って、別荘から追い出します。住み着いた場所から追い出すことを重視した方法で殺すわけではないので、ネズミかイタチか分からない場合も安心です。市販の忌避剤にもいろいろなスタイルがあるため、説明書をよく読んで、被害状況やトラブル箇所に合ったアイテムを活用ください。
強い光を当てる
別荘の屋根裏にイタチが住み着いた場合には、強い光を当てましょう。害獣は人の気配を嫌うため光によって身の危険を察知して、住処から逃げ出す習性があります。専用のフラッシュ発生装置以外なら、イルミネーショングッズなど明るい光が出るものを使いましょう。ネズミは目が悪いため、駆除効果が期待できないリスクあります。
超音波を使う
ネズミは目が見えにくい代わりに嗅覚、聴覚が優れているため、音の刺激が効果的です。ネズミが嫌う周波数に合わせた超音波装置、電磁波機械などを使って、住みにくい環境を作ります。すでに特定の場所に執着している状況などは効果が薄いケースもあるため、駆除後のケアやトラブル発生前の予防策としての活用をおすすめします。

ネズミ駆除やイタチ駆除を試して失敗すると被害がどんどん広がるので、早い段階から業者に依頼しましょう。

被害が広がった別荘の例

大量にいて驚きました(42歳/男性)

新築で購入した別荘、しばらく行かない内に被害が大きくなってしまいました。捕まえても捕まえてもネズミが出てきて、自分では対処しきれません。ネズミ駆除業者に依頼して徹底的に調査、対策してもらうと一安心です。

TOPボタン