ひとけのない別荘に蔓延るネズミとイタチの被害 ひとけのない別荘に蔓延るネズミとイタチの被害

イタチ駆除とネズミ駆除が必要なのは繁殖力の高さにある

別荘への侵入を見逃すと危険~繁殖力が高い~

点検

イタチやネズミが別荘に入るとあっという間に繁殖するため、侵入サインを見逃さないで早めに対応をしましょう。

繁殖力について

イタチ
イタチの繁殖回数は年に1〜2回、地域によって変わってきます。いずれにしても1回あたり3~5匹の赤ちゃんを産むため、別荘で繁殖すると厄介でしょう。妊娠期間は37日と短く、身ごもっているうちに駆除するのは大変です。繁殖時期が始まる前にイタチ駆除業者に依頼して、出産を迎える前に駆除するとスムーズでしょう。
ネズミ
ネズミは妊娠してから出産までの期間が20日と短く、1回あたり6~7匹もの赤ちゃんを産みます。年間5〜6回出産すると言われているため、単純計算で6×5=30匹、7×6=42匹とどんどんネズミが増えていきます。出産の度にメスが増えてネズミ算式に個体数が増えると考えると、1年で想像しきれないほど増えてしまうのも納得です。

ネズミと比較したら繁殖力が穏やかなイタチですが、放置すると着実に増えます。繁殖が進む前に早めの対処を考えましょう。

侵入のサインを見逃さない

イタチが屋根裏に侵入した形跡は、瓦に残った足跡から分かります。体毛についた汚れが歩いた後に跡として残っていたり、引っ搔き傷をつけたりすることでも分かるでしょう。ネズミの場合も、足跡やかじり跡から分かります。正体が分からない汚れや傷が屋根の上や玄関近くに見つかったら、ネズミ駆除業者やイタチ駆除業者に相談すると安心でしょう。

見逃さないような対策が必要

侵入サインについて分かっていてもプロの業者でないと見逃してしまうケースも多く、リスクヘッジが必要です。ネズミ駆除業者やイタチ駆除業者に相談すると害獣がいるかどうか詳しく調査してくれるので、積極的に利用しましょう。

TOPボタン